日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞

Entries



猫を肩に乗せたままセーターを着る方法が、YouTubeで公開されている。
庭での作業時、書斎での読み書き、ギターをひく時など、いつでも肩に乗った黒猫ちゃんと一緒に日々を過ごすおじいちゃん。
そのため、肌寒さを感じた際などにも乗せたままセーターを着る練習を一緒にしていた結果、今回の方法が編み出されたもよう。
  201704068.jpg
仲の良さに癒される動画となっていて、コメントでは「かわいい」「すばらしいアドバイス!」といった声が寄せられている。





 

サントリーでは「サントリー×ドラえもん キャンペーン」を実施中。
201704061.jpg
対象商品を買って応募しよう!
応募の締め切りは、5月31日。
詳細は  コチラ でチェック!





   

あすなろ舎が展開するご当地マスコット人形・コップのフチの仲間達~東北限定はろうきてぃに「秋田版」が加わった。
  201704060.jpg
東北6県版ラインアップの一つとして発売された秋田版のモチーフは、「なまはげ」に扮したハローキティが「きりたんぽ」を片手に「ハタハタ」に乗る造形。
寒風山回転展望台売店(秋田県男鹿市)、男鹿入道崎・灯台荘(同)、ニュー畠兼(同)などのほか、東北各県の道の駅や東北自動車道サービスエリアなどで販売。





   

そにしけんじさん原作によるアニメ・ねこねこ日本史のLINEスタンプがリリースされた。
歴史上の偉人たちを、擬猫化した姿で描く「ねこねこ日本史」。
  201704059.jpg
LINEスタンプでは聖徳太子や卑弥呼、織田信長、新選組、紫式部、坂本龍馬といったキャラクターたちがお目見え。
全40種類の絵柄が用意された。





   

猫がテーマの企画展を開催している美術館に、本物の黒猫が侵入を試みる…そんな珍事で注目を集めた尾道市立美術館(広島・尾道)。
警備員との攻防を捉えた写真はTwitterで3万回以上リツイートされているが、これを歌川国芳の浮世絵風にデザインしたトートバックが、4月19日から同館で発売されることになった。
   201704058.jpg
トートバックは、美術館に侵入しようとする黒猫を化け猫のように描いている。
開催中の「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」で国芳の浮世絵を展示しているほか、館の入り口に巨大な猫のオブジェを設置しているのにちなんだイラストとのこと。
横では警備員が猫を制し、下には「Let me in !」「No, no」の文字を小さく配置している。






発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード