日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |保護施設にナース猫

Entries

ポーランドのビドゴシュチュ動物保護施設に「ナース猫」と呼ばれる黒猫がいる。
名前はラドメネサ。
彼の仕事はケガや病気で弱った動物に添い寝をしてあげること。
重病の猫でも、そばに彼がいるだけで落ち着いてスヤスヤと眠るそう。
  201706091.jpg
2014年、ラドメネサは生後2ヶ月の時に動物保護施設に送られた。
当時は気道が感染して炎症を起こし、生きるかどうかの瀬戸際だった。獣医とスタッフの懸命な看護のもと回復。
その後、ラドメネサは重病の猫がいると自ら進んで看病するようになった。
ラドメネサは猫だけでなく、犬にも同じく添い寝をしてあげる。
優しく抱っこしてあげたり耳を舐めたりして、早く元気になるよう心を尽くして看病する。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード