日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |関連性なしと判明

Entries



「統合失調症を発症した患者は幼少期に猫を飼っていたという共通点がある」という内容の論文が2015年1月に発表された。
しかし、この研究結果に異議を唱えたユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームが「猫の飼育と統合失調症に関連性がない」とする調査結果を公開した。

2015年に発表された論文では、1982年に行われたアメリカ精神疾患患者家族会の調査レポートを調べ、統合失調症を発症した人の50.6%が幼少期にネコを飼育していたことが分かった。
さらに、1990年代に行われた2度のアメリカ精神疾患患者家族会の調査でも、統合失調症を患い、かつネコを飼っていた家庭で育ったという人は50.9%と51.9%だった。
この3つの調査結果から「統合失調症を発症した患者は幼少期に猫を飼っていたという共通点がある」という結論に至っている。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームは The Avon Longitudinal Study of Parents and Children (ALSPAC)に登録されている1991年および1992年に生まれた5000人の子どもデータを調査。
その結果、妊娠中・若年期・成熟期などのネコを飼育している家庭で生まれる、もしくは育った子どもたちが、13~18歳の間に精神病を発症する危険性が特に高いということはないと結論づけられた。
研究チームは 2015年1月に発表された論文について「調査対象の数が少ない上に、どうやって調査対象が選ばれたのか、また、使用されたデータには欠落している部分があります。これは調査結果に偶然性が生じたり、偏った結果につながります」と話した。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード