日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |4月から発売

Entries



東レは1月23日、ネコ用の慢性腎臓病治療薬を開発し、農林水産省から製造販売の承認を取得したと発表した。
4月から動物用医薬品大手の共立製薬が販売する。
開発した「経口プロスタサイクリン(PGI2)製剤 ラプロス」は、血管内皮細胞保護作用や血管拡張作用などを備え、腎臓の血流減少(虚血)および低酸素状態を改善、腎機能の低下を抑制できる。
国内で「腎機能低下の抑制」を効能効果として承認を取得した薬剤はラプロスが初めて。

ネコの慢性腎臓病は、10歳以上のネコにおける有病率が30~40%にのぼる、かかりやすい病気。
食欲不振や体重減少、多飲多尿、嘔吐などの症状が現れる。
これまで病態が解明されておらず、治療の選択肢は限られていた。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード