日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |お庭番に任命

Entries



岡山県にある夢二郷土美術館は、スタッフが保護した黒猫を「お庭番」に任命した。
愛猫家としても知られる夢二の作品には猫が多く登場するが、その中でも取り分け黒猫はゆかりが深い。
保護された黒猫は「黒の助」と名付けられた。
昼間はスタッフが同館に連れてきて中庭で自由にさせていたが、来館者から「夢二の描く黒猫にそっくり」とい評判になり、お庭番として採用されることとなった。
  201612090.jpg
館内で行われた任命式では小嶋館長が辞令とメダルを授与した。
黒の助は、今後も中庭で来園者を癒やす仕事に従事する。
また、黒の助お庭番任命記念として、夢二の描いた猫たちのオリジナルグッズがつまった50個限定福袋が、2017年1月2日午前9時より販売される。
夢二郷土美術館は  コチラ でチェック!
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード