日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |約半数が「飼いたい」

Entries



飼い主のいない保護犬、保護猫を飼いたい人は48%。
朝日新聞社のペット情報メディア・sippoのアンケートで、こんな結果が出た。

アンケートは9月上旬、朝日新聞デジタルの会員に行った。
641人から回答があり、うちペットを飼っている人は478人。
ペットの入手先は、ペットショップ(34%)、拾った(16%)、近所から(15%)、ブリーダー(12%)、民間団体・自治体から譲渡(12%)の順だった。
保護犬や保護猫の存在については、全体のうち72%が知っていると答えた。
保護犬・猫を飼いたいという人は48%で、飼いたくない人は52%だった。

飼いたい理由は「殺処分される命を救いたい」「動物の売り買いには抵抗がある」「相性が合えば種は問わない」「成犬、成猫は性格がわかって飼いやすい」などだった。
一方、飼いたくない理由は「血統書付きが良い」「保護犬・猫という言葉を初めて聞いた」「救いたい気持ちがある一方、うまくしつけられるかなど不安の方が大きい」などだった。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード