日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |猫が犬7頭を襲撃

Entries

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

カナダのブリティッシュコロンビア州で、飼い猫が自宅前を散歩していた大型犬のピットブルテリア7頭に襲い掛かり、1頭に引っかき傷を負わせる騒ぎがあった。
騒ぎの主は、同州ビクトリアの民家で16年前から飼われているメス猫・ベイビー。
  201608076.jpg
自宅前を数人の女性に連れられたピットブル7頭が通り掛かり、うち1頭がベイビーと遊びたそうな素振りを見せたときに事件は起きた。
地元紙によれば、ベイビーの飼い主のベティ・トンプソンさんは「頭の回転はあまり速くないけれど、私のことだけは一生懸命守ろうとする」と説明。
目の前を通り過ぎる7頭の犬を見て、その本能が目覚めてしまったらしい。

犬を散歩させていた女性によれば「7頭は猫に構うことなくただ通り過ぎようとしていただけ。ところが猫は全部の犬に襲い掛かり、ひるむ様子を見せなかった」という。
この騒ぎでピットブルテリア1頭と飼い主の女性が引っかかれて負傷し、病院で手当てを受けた。

トンプソンさんの夫は「普通なら犬を7頭も散歩させたりはしない。歩行者だって怖いと思う」とベイビーを弁護している。
トンプソンさん夫妻は、顔を引っかかれた犬の治療代222ドル(約2万2000円)を負担したという。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード