日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |まさかの再会に号泣
FC2ブログ

Entries



イギリス中部のダービーで暮らすハンバーさん一家が飼っていた猫のフェニックス(10歳)は、昨年の夏から行方不明になっていた。
ポスターなども作って懸命に探すも見つからずに1年半が経過。
一家は、新しく飼うことになった子猫を引き取りに動物保護施設へ向かった。
手続きに時間がかかっていたので施設内を少し歩き回っていると、行方不明になっているフェニックスがケージに。
ハンバーさんの息子ロニーくんは驚きのあまり号泣。
   201603052.jpg
保護施設の職員によると、フェニックスは2か月ほど前に捨て猫を獣医に連れて行った人が持ち込んだとのこと。
フェニックスにはマイクロチップが登録されており、一家の飼い猫だったことが確認された。
登録内容が以前の住所だったことから発見が遅れたという。
一家は、新しい子猫と一緒にフェニックスも連れて帰った。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード