日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |社葬に3000人
FC2ブログ

Entries



22日に急性心不全で亡くなった和歌山電鉄貴志川線貴志駅の駅長・たまの社葬が28日、同駅で神式によりしめやかに営まれた。
約3,000人が参列し、愛くるしいしぐさで人気を集めたたま駅長との最後の別れを惜しんだ。
弔辞を読んだ小嶋社長は、たまを「名誉永久駅長」に任命するという“最後の辞令”を交付。
「再来年の1月に駅長就任10周年のお祝いをしようと言っていたのに、本当に残念。たま駅長の精神は不滅です。これからも和歌山電鉄の中に生き続けるでしょう」と、涙をこらえながらあいさつした。
   201506072.jpg
また、神式の霊祭・五十日祭を迎える8月10日までは駅長職を空席とし、当面は伊太祈曽駅の駅長でたまの療養中から駅長代行として勤務している三毛猫・ニタマが継続して代行を務めることが明かされた。
五十日祭後の8月11日には、貴志駅ホームに建つねこ神社横に墓を作り、たま大明神として奉ることもあわせて発表された。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード