日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |公園に猫100匹以上

Entries



千葉県袖ケ浦市の公園に、誰かが放置したとみられる猫100匹以上が住み着いていることが分かった。
警察が動物愛護法違反の疑いで摘発するケースも出ていて、見回りを強化するなど対策に追われている。
多くの猫が住み着いているのは千葉県袖ケ浦市飯富の袖ケ浦公園。
10年ほど前から無断で放置したとみられる猫が増え始め、現在は100匹以上が確認されている。
今月19日にはこの公園に飼い猫2匹を放置した疑いで、木更津市に住む70代と60代の夫婦が動物愛護法違反の疑いで書類送検された。
警察の調べに対し「猫が原因で近くの住民とトラブルになり捨てざるをえなかった」と話しているという。

袖ケ浦市は動物を放置しないよう呼びかける看板を設置したほか、公園の管理組合が見回りを行っているが猫は増え続けているという。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード