日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |食品医薬品局が警鐘

Entries



薬の成分が原因で猫が死亡するケースが発生した。
このことを踏まえ、アメリカ食品医薬品局(FDA)では4月17日にペットの飼い主や獣医などに向けて安全情報を発信している。
猫が中毒を起こしたのは、非ステロイド性消炎鎮痛剤として関節や筋肉などの痛みの緩和に使われるフルルビプロフェン。
飼い主はクリーム状もしくはローション状の薬液を首や足に使用していたという。
日本でもアドフィード、ステイバン、ゼポラスなどの名前でフルルビプロフェンを含む貼付薬が発売されている。

今回中毒症状が確認されたのは2つの家庭で飼われている5匹の猫。
2匹は腎臓障害をおこしたものの治療によって回復し、3匹が死亡した。
猫に現れた症状は、食欲不振、無気力、嘔吐、下血(黒、タール状、血液交じり)、貧血、希釈尿だという。
今回の死亡例では、猫がどうやって飼い主の薬を舐めてしまったのかははっきりしていない。
しかし、飼い主の塗り薬を猫が直接舐めなくても猫が中毒を起こした可能性はある。
飼い主の薬がソファーや寝具につき、それが猫の毛について毛づくろいの際に舐めてしまうからだ。
死んだ3匹の猫のうち1匹は、飼い主が薬の使用を止めた後に死亡しているので、家具などに薬が付着していた可能性がある。
たとえ少量でも、猫が中毒を起こしかねないので注意が必要だ。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード