日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |40匹超の死にも関与か

Entries

去年9月、東京・大田区で猫を地面にたたきつけて殺すなどし、動物愛護法違反の罪に問われた男の初公判が開かれ、被告は起訴内容を認めた。
久保木信也被告(33)は去年9月、東京・大田区の駐車場で猫1匹を地面にたたきつけ殺した罪などに問われている。
13日の初公判で、猫1匹を殺した罪について久保木被告は「事実の通りです」と起訴内容を認めた。
検察側は冒頭陳述で「被告は、寿命の短い野良猫は生きていても不びん。猫好きの自分が猫の数を減らすべきだと考えた」と述べた。
大田区では去年、40匹を超える猫が不審な死に方をしているが、検察側は「久保木被告が農薬入りのえさをまき猫の数が減ったことから、殺すことができていると感じていた」と不審死への関与を指摘した。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード