日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |中東から世界へ

Entries

約1万年前に中東で家畜化されたとされるイエネコが、世界各地に移動した経路などをネコのゲノム(全遺伝情報)に残るウイルスの痕跡から追跡することに成功したと、京都大ウイルス研究所の宮沢孝幸准教授らが発表した。
論文は科学誌サイエンティフィック・リポーツ電子版に掲載された。

現在、世界各地に生息し約100種類の品種が存在するイエネコの祖先は中東のリビアヤマネコとされ、穀物をネズミから守るため飼われるようになったと考えられている。
その後、人の移動に伴いペットとして欧州や北米などへ広がったと考えられていたが、どのように移動し多くの品種に分かれたのかなど詳細はわからなかった。
宮沢准教授らは、イエネコの生殖細胞に感染したRD144というウイルスが、ゲノムの一部として子孫へと受け継がれ同じ染色体に痕跡が残ることに着目。
このウイルスは数種類あり、そのうちの一つが北欧のヨーロピアンショートヘアと英国のブリティッシュショートヘア、北米のアメリカンショートヘア、アメリカンカールというイエネコに共通して感染していた痕跡が見つかった。
   201502007.jpg
史実ではヨーロピアンショートヘアが英国に移った後、1620年にメイフラワー号に乗せられて北米大陸へ渡り、アメリカンショートヘア、アメリカンカールがつくられたとされている。
宮沢准教授はウイルスの痕跡と史実が一致したとし、「ウイルスは、外見だけではわかりにくいイエネコのルーツなどを調べる指標になる」と話す。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード