日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |ジバニャンのパクリ?

Entries

高知県のゆるキャラ「カツオにゃんこ」が他人のそら似ならぬ“他猫のそら似”で話題になっている。
ゲームやアニメなどで大ブームの「妖怪ウォッチ」の主要キャラクター・ジバニャンにそっくりで、イベントなどでは勘違いした子供たちが駆け寄るなど人気が急上昇。
   201409075.jpg
「カツオにゃんこ」は高知県高知市の民芸品を製造・販売する濱惣が考案。
2011年6月21日に、ストラップやTシャツなどオリジナル商品を売り出した。
「桂浜の坂本龍馬像の下に捨てられていた小さな猫で、土佐のカツオが大好物。カツオのことを毎日考えていたら、体がカツオになった」という設定。
一方の妖怪ウォッチは2012年12月にコロコロコミックで連載開始。アニメ放送が開始されたのが今年1月8日。
カツオにゃんこの方が誕生が早い。
濱惣では「せっかくですので、一緒に、人気になりたい」と話している。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード