日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |33歳男を聴取

Entries



東京・大田区で猫の死骸を隠し持っていたとして、警視庁は33歳の男から事情を聴いている。
大田区では猫の不審死が約30件相次いでいた。

大田区内では今年4月から、口から泡をふくなどして死んでいる猫が約30匹見つかり、警視庁は何者かが毒入りのエサを食べさせたとみて捜査している。
そうした中、18日未明、大田区内で警察官を見て逃げた男に職務質問をしたところ、自転車のかごの中に血を流した猫の死骸が入っているのが見つかった。
大田区内に住む33歳の男で、警視庁は猫を虐待して死なせた動物愛護法違反の疑いで事情を聴いており、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

また、男は猫の連続死についても関与をほのめかす供述をしているという。
大田区によると、公園で発見されたエサからはエンジンの冷却液などに使われるエチレングリコールという物質が検出されたという。
警視庁もエサに混入された毒物の特定を進めている。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード