日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |冷凍庫に猫の死骸

Entries

10日、フロリダ州レイク・ワースに住む55歳の男の自宅が警察によって家宅捜索された。
男は児童ポルノ所持の疑いにより家宅捜索を受けたのだが、冷凍庫から100匹近い猫の死骸が見つかったことで騒動を巻き起こしている。

男の家には4台の冷凍庫が設置されており、合計97匹の猫の死骸が詰め込まれていたことが判明。
ほとんどが食品用のラップフィルムあるいはアルミホイルで包まれており、その上には墓碑に刻まれるようなメッセージが書かれてあったという。
さらにこの男は、35匹の猫を飼っている。
猫の多くは呼吸器や皮膚に問題があり、またトイレがきちんと処理されていなかったことから家の中は異臭が酷く、警察官はマスクを着用しなくては仕事にならないほどであった。
こうした状況から現地の動物保護協会の係員は、男が猫の世話をほとんど行っていなかったことは明らかであり、猫たちにとって今までの環境は当然理想的なものではないと話している。
   201409045.jpg
なぜ猫の死骸を冷凍庫に保管していたのかは分かっていないが、ネコが死んでしまった後も死骸を手放したくなかったのではないかと推測されている。
男はこの先、35匹の猫と離ればなれに暮らすことを断固として拒否している。
裁判所は今後30日以内に、男が猫たちとともに生活して行くことができるかどうかを決定しなければならないという。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード