日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |脚切断ネコ、目撃多数

Entries



脚を切断された野良猫が、川崎市麻生区で多数目撃され、住民から不安の声が上がっている。
神奈川県警麻生署は動物愛護法違反の疑いで調べている。
   201405072.jpg
5日に黒猫の前脚が路上で見つかり、8日には前脚を切られた別の猫を住民が保護した。
2008年10月以降、脚を切断され保護された猫は確認しているだけで15匹。
数本の小動物の脚が民家の前に並べられていたこともあった。
猫3匹を治療した動物病院では、切断面などから「とらばさみ」のようなわなが仕掛けられている可能性が高いと話す。
とらばさみは狩猟に使うわなの一種。中央の板に動物の脚が乗るとバネで挟む仕掛けで、のこぎり歯が付いているものもある。
狩猟使用は鳥獣保護法で禁止され、有害鳥獣駆除目的でも自治体の許可が必要。
住民グループ「下麻生の安全を守る会」は、ちらしや回覧板で情報提供と虐待防止を呼び掛けパトロールもしているが、今のところわなは見つかっていない。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード