日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |動物愛護条例案
FC2ブログ

Entries

動物愛護管理条例(仮称)の制定を検討していた千葉県は1日、10匹以上の犬猫を飼育する際の届け出義務などを盛り込んだ条例骨子案を公表した。

近年のペットブームで騒音や悪臭などの近隣トラブルが増える一方、最後まで飼育できずに千葉県内の愛護センターに引き取られたペットの殺処分数は全国ワーストクラスとなっている。
骨子案ではまず、動物愛護の観点から「飼育が困難となった場合は適正に飼育できる人に譲渡する」「猫は屋内飼育する」など飼い主の努力義務を明記。
また、逃げ出したペットが第三者に危害を加えるのを防止するため罰則も設定した。犬と猫10匹以上を飼う場合は届け出を義務化。飼育環境の悪化からペットを守る狙いもあるという。
このほか、愛護センターでの引き取り数を減らすため、県は動物に装着するマイクロチップの普及を図る。飼い主情報を記録したチップは県内保健所や一部の動物病院で読み取れる。
県は骨子案に対するパブリックコメントを5月末まで募集。
全国で同種条例が制定されていないのは千葉など5県。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード