日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |貧血治療薬
FC2ブログ

Entries

カネカは3月31日、貧血を発症した猫のクオリティー・オブ・ライフ(QOL)の改善を目指した猫用の貧血治療薬の開発を本格的に進めていくことを発表した。
猫は高齢になると腎不全を発症することが多く、長寿命化によりその発症数が増加している。
また、腎不全に起因する貧血(腎性貧血)を発症することも知られているものの、人間のような有効な治療薬は販売されていなかった。

今回の取り組みは、ヒトの腎性貧血患者用に開発されたエリスロポエチンのようなタンパク質医薬品を遺伝子組換え技術を活用することで、猫用のエリスロポエチンへと改良する技術を活用することで進められる。
すでに同技術は確立されており、現在猫用エリスロポエチンの商業製造の検討および薬事開発が進められており、動物用医薬品としての製造販売承認の取得を目指した取り組みが進められているという。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード