日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |猫だらけの浮世絵展
FC2ブログ

Entries

新潟市美術館(新潟市中央区)は、2月2日まで企画展「新春三大美術展 あそぶ浮世絵 ねこづくし -広重、国芳、芳年 初春にゃんとも猫だらけ-」を開催している。
       201401072.jpg
同展では、総数6,000点にも及ぶ浮世絵コレクションを所蔵する平木浮世絵財団の所蔵品より、猫を描いた作品約120点を選んで公開している。
展示の中心となるのは、名所絵で知られる歌川広重、生涯に1万点とも言われる多作の歌川国貞、愛猫家でもあった歌川国芳、月岡芳年、最後の浮世絵師とも呼ばれる楊洲周延など。
展示している浮世絵は、女性と猫が描かれた美人画、化け猫図、子どもたちのためのユーモラスなおもちゃ絵など様々。
親しみやすい猫というテーマを通じて、浮世絵文化の奥深さ、幅広さに親しめる展覧会となっている。







猫ニチ新聞 twitterはこちら→https://twitter.com/nekonosuke2000


関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード