日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |殺処分さらに半減へ
FC2ブログ

Entries

静岡県は2008年度の策定から5年が経過した動物愛護管理推進計画の数値目標を見直す。
2017年度までの半減目標を既に達成した犬猫の殺処分件数を、今後10年でさらに半減の2,500件に設定する。
策定当初、静岡県内で11,506件あった殺処分件数は、最後まで責任を持って世話をする「終生飼養」の呼び掛けなどで2012年度、4,906件まで減った。
犬猫の安易な保健所への持ち込みを行政側が拒否できる改正動物愛護管理法が2013年9月に施行され、飼い主を新たに見つけるネットワークの活用と併せて、さらなる殺処分の減少が期待される。

静岡県によると、2012年度の殺処分事例のうち、大半を飼い主不明の子猫が占めたという。
一般民家の庭先で野良猫が子猫を産み、対応に困った家主が保健所に相談してくる例が多かった。
野良猫は行政の保護が法的に認められていないため、県は一時的に確保して不妊去勢手術し再び解放する策を講じている。
担い手となるのがボランティアや動物愛護推進員で、全市町で1人以上の登録などを目指す。
県衛生課は県民意見の募集などを経て、2013年度内に見直し版を公表する。










関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード