日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |裏付け調査へ
FC2ブログ

Entries

親から引き離される時期が早い犬や猫ほど問題行動を起こしやすいとの定説を科学的に裏付けようと、環境省は近くペットとして販売された全国の犬や猫数千匹を対象に、かみ癖など問題行動の有無の調査に乗り出す。

昨年9月施行の改正動物愛護管理法では生後45日以内の販売が禁止され、最終的に生後56日以内に強化される予定。
同省は、調査で規制強化の必要性を裏付け移行の時期を決める方針。
同省によると、親から早く引き離した犬や猫は精神的に不安定となり人をかむなど攻撃的になりやすいとされる。
問題行動は結果的に飼育の放棄につながる恐れもあるため、同省は動物愛護管理法を改正し、2016年8月末までの間、生後45日以内の販売を禁止。
ペット業者への激変緩和措置として2016年9月以降は49日以内とし、最終的には欧米諸国で主流の56日以内に強化する。
その時期は施行から5年以内に決める予定。





猫ニチ新聞 twitterはこちら→https://twitter.com/nekonosuke2000
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード