日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |猫のお産を介助し裁かれる
FC2ブログ

Entries

イタリア政権はコソボのNATO基地で女性軍医として働いていたバルバラ・バランゾーニ中尉に対し、基地内で捨て猫のお産を介助した罪で禁固刑に処そうとしている。

女医の説明によると、基地に移り住んできた猫は母猫で、お産の際に死産した胎児が胎内につまってそのまま放置しておけば死んでしまう状態にあった。
結果として女医は上層部から「乱暴な不服従」を示し、規範に背いたとして罰せられた。
軍事検察は、女医の行為は本人および自身が診察する患者の健康を危険にさらしたとの見方を示している。
猫の介助を行う中で女医は猫にかまれており感染が懸念されたため、ただちに病院に搬送されている。
女医は逆に、猫が死亡すれば基地のテリトリー全体を殺菌せざるを得なくなっただろうと反論している。
初公判は2月7日。裁判にはイタリアの国防相も参加する。
女医の罪が認められた場合、最低でも1年の禁固刑が科せられる恐れがあるという。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード