日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |12月に多発
FC2ブログ

Entries

アニコム損害保険株式会社は、同社のペット保険・どうぶつ健保の保険金請求データをもとに実施した「ペットの誤飲事故」に関する調査結果を発表した。
2011年4月1日から2013年3月31日までの異物誤飲を調査した結果によると、12月に最も多くなり1月~3月頃まで継続して多く発生する傾向が見られた。
年齢別の発生率では犬・猫ともに0歳がもっとも高く、年齢が上がるとともに低下していくことがわかった。

同社は今回の結果について、12月にもっとも誤飲事故が多く発生する背景に「クリスマスやお正月などでパーティや来客が増えることが原因」と分析。
さらに、ポインセチアやプレゼントのリボン、チキンの骨といった人の食べ残しなど犬・猫にとって危険なものが身近に増える季節であることを指摘。
ポインセチアは葉や茎を食べてしまうことで胃腸炎を引き起こし、リボンやひも、糸などを誤飲すると腸が裂けてしまう危険性があるという。
その他詳細は、 コチラ でチェック !
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード