日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |冬は増加傾向
FC2ブログ

Entries

花王株式会社は、尿石症や腎不全などの猫の泌尿器系疾患が増える季節を前に、これらの疾患の発症状況と冬場の猫のトイレ環境についての調査結果を発表した。
調査によると、愛猫が泌尿器系疾患を発症した季節についての設問では、冬の発症が他の季節の約2倍にのぼることが分かったという。
獣医師はこの結果を受け「冬に寒い場所へ猫トイレを設置しているとトイレに行くことを我慢し、膀胱に長時間尿を溜めてしまいがちになりその結果膀胱炎にかかりやすくなったり尿石ができやすくなったりする」とリスクを指摘。
さらに「猫にとって快適な、できるだけ暖かい場所に猫トイレを設置することで泌尿器系疾患になるリスクを減らすことができるため、冬場のトイレ環境を見直して健康に過ごせる環境作りをしてほしい」と猫オーナーに注意を促している。
 201311036.jpg
調査結果の詳細は、 コチラ でチェック !
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード