日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |ネットに広告
FC2ブログ

Entries

米・カルフォルニア州に住む人物が、地域情報コミュニティ広告サイトに「たぶん、酔っぱらった勢いで誰かの猫を盗んでしまったようなんです」とタイトルが付けられた広告を掲載した。
そこには黒い猫の写真とともに次のような説明文が添えられていた。
-----
ジャンゴという名前の猫を探している人はいないでしょうか。
昨晩、盗んでしまいました。わざとじゃないんです。昨夜は本当にものすごく酔っぱらっていて、てっきり迷い猫だと勘違いして助けてあげようとしただけなんです。
今朝になってふらふら~っと、水を飲もうと起き上がったときに、「あ、そういえば猫拾ったんだ・・・」と思い出して、しかもその猫をよく見たら首輪をしていて・・・。
ジャンゴはものすごく痩せていて、眠たそうな目をしていて、なんだかマリファナでハイになってるような印象です。まあ、実際にはそんなことないんでしょうけど。
もしジャンゴが貴方の飼い猫なら、ぜひ戻してあげたいです。朝からずっとチーズをあげているんですが、アパートの床にウンチをしてもらいたくもないし・・・。
なので、どうか気兼ねせずに連絡を下さい。ありがとうございました。あ、それから(故意じゃなかったとはいえ)盗んでしまってすみませんでした。
-----
     201309047.jpg
この広告は人々の注目を集めたこともあり、ジャンゴの飼い主の目にもとまった。
米メディア・BuzzFeedに対し、広告の掲載主は「猫は無事飼い主の元に戻りました」と報告をしている。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード