日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |年30匹保護
FC2ブログ

Entries

北九州市若松区と戸畑区を結ぶつり橋・若戸大橋の上で6月、衰弱した子ネコが見つかり、橋を管理する市道路公社の職員が助け出した。
公社によるとこの数年、年間30匹ほどの子ネコが、この海面から高さ約40メートルの歩行者が入れない道路の橋で保護されているという。
6月22日。橋にネコがいるとの連絡が入った。パトロールしていた公社の車両が倒れていた子ネコを発見。
生後2か月くらいのオスで、車にひかれたのか足が動かず歩くこともままならなかった。
子ネコは病院で治療を受け、今では足を引きずりながらも元気にエサを食べるまでに快復。体重も増え、優しい顔つきに変わったという。
     
     201308044.jpg
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード