日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |サポーター制導入
FC2ブログ

Entries

名古屋市は今年度から、のら猫対策として「なごやかキャット推進事業」を始めた。
猫用トイレ設置などを進める市民をサポーターに認定し、避妊、去勢手術への助成を拡大する。
地域でのら猫を管理し、毎年数千頭にのぼる殺処分を減らしたい考え。
 201308009.jpg
名古屋市の猫の殺処分数は2012年度は1,629頭で、犬の14倍以上にのぼった。
動物愛護センターへの引き取りを有料化するなどしたため殺処分数は減っているが、生まれたばかりの子猫が圧倒的に多い。猫に関する市民の苦情も昨年1年間で8,280件あった。
なごやかキャット推進事業は過渡期の暫定措置で、市の目標は「のら猫ゼロ、殺処分ゼロ」。飼い主には完全屋内飼育を推奨したいとしている。
市民のサポーターは7月末現在で18人で、二つの地区で事業が進められている。
市は、避妊、去勢手術の助成金予算として今年度は315万円を確保していて、サポーターの裾野を広げていきたいとしている。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード