日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |届け出制に
FC2ブログ

Entries

新潟市は犬や猫を10匹以上飼育する場合、市への届け出を義務づける市動物愛護管理条例を制定した。
多頭飼育による近隣への迷惑や飼育環境の劣化を防ぐのが目的で、違反者には5万円以下の過料を科し強制力を持たせた。
届け出は9月1日からで、政令市では初の取り組みとなる。

平成23年暮れ、同市内の競売物件の住宅に猫が多数いることが発覚。市が確認すると53匹のアメリカンショートヘアがいた。
競売物件の所有者と協議して市が猫を引き取り、市獣医師会や動物愛護団体などと譲渡先を探し一匹も処分せず新しい飼い主が見つかったが、猫は劣悪な環境で飼われておりこれを機に改めて多頭飼育の問題が浮上した。

市は、条例により飼育の状況と飼育環境を把握し飼い主を指導することで多頭飼育の問題の多くを回避できるとみている。
条例では市長が必要と認めた場合、関係者に報告を求めたり飼育施設への立ち入り調査を認めさせたりすることで実効性を確保する。
条例の施行は8月1日だが、多頭飼育など一部項目は9月1日から実施する。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード