日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |ボランティアらが提訴
FC2ブログ

Entries

捨て猫の飼い主を探す大阪府と兵庫県のボランティア5人が3日、もらい手の大阪府内の男性を相手に大阪地裁へ訴訟を起こした。
「飼い主になるつもりがないのに猫を引き取った」と主張し、猫5匹の返還と慰謝料など計約550万円の損害賠償を求めている。
一方、男性は取材に「不注意で逃げてしまった猫はいるが、育てるつもりで預かった」と話している。

訴状によると男性は2010年11月~2011年10月、インターネットなどを通じて捨て猫の飼い主を探していた5人に対し、個別に電話や電子メールで「ほかに猫は飼っていない」などと説明。それぞれから1匹ずつ引き取ったという。
5人は自分が預けた1匹だけを男性がかわいがっていると思っていたが、ネット上で5人が猫に関する情報をやり取りしたことがきっかけで、男性が複数の猫を引き取ったことが判明。
男性は原告側に対し、猫の所在について「友人が脱走させた」「亡くなった」と説明したという。
原告側は「動物の健康や安全を保つ飼い主の責任は動物愛護法に定められている。『家族として一生、飼い続ける』という言葉を信じたのに期待を踏みにじられた」と訴えている。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード