日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |もっとも高いのは四国エリア
FC2ブログ

Entries

日本ヒルズ・コルゲート株式会社は、獣医師を対象に実施した「犬・猫の肥満」に関するアンケート調査の結果を公表した。
同社が展開する特別療法食「ヒルズのプリスクリプション・ダイエット メタボリックス」に関連して実施したというこのアンケートは、44の都道府県(※)の獣医師712名に来院するペットの肥満度や関連する疾患などについて聞いた。

「来院するペットのうち肥満と診断されるのはどのくらいの割合か(=肥満ペット率)」という設問の回答を都道府県別に集計しエリアごとにまとめたところ、40.3%で「四国」がもっとも高く、4割がメタボだということがわかった。
もっとも低いのは「中国」エリアで、25.9%と大幅に低い数値となった。
細かく都道府県別に見ると、もっとも肥満ペット率が高いのは高知県の50.1%、もっとも低いのは13.5%の福井県だった。
このデータと合わせて「肥満と診断されたペットオーナーのうち、それを自覚している人の割合(=肥満認識率)」のデータを見ると、高知県は1位の富山県(73.8%)に次いで2位、福井県は肥満ペット率と同様、もっとも低いという結果となった。
このように、肥満ペット率とオーナーの肥満認識率は正比例することから、ペットオーナーの間にペットが太っていることを自覚しつつも「ぽっちゃりしているほうがかわいい」と肥満を容認してしまっている傾向が見受けられることがわかった。
肥満に関連すると思われる疾患では、犬の場合は「関節疾患」、猫は「内分泌疾患」をあげる獣医師がそれぞれもっとも多かった。
※山梨・鳥取・徳島をのぞく
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード