日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |飼い主の半数が経験
FC2ブログ

Entries

飼い主の約半数がペットのけがや事故を経験し、中でも異物誤飲が最も多いことが、ペット保険大手のアニコム損害保険の調査で分かった。
調査はペット保険「どうぶつ健保」の契約者で犬、猫を飼っている人にインターネットで行い、2,329人から回答を得た。

調査によると、全体の47.7%がペットのけがや事故を経験。
経験者にけがや事故の種類を尋ねたところ、最も多かったのが、おもちゃやたばこ、ボタンなどを飲み込む「異物誤飲」(15.1%)。膝の関節などの脱臼(6.9%)、足の裏などへの外傷(同)、足などの骨折(5.4%)が続いた。
けがや事故の発生場所(複数回答)は、リビング(39.1%)、散歩中(22.8%)、公園・ドッグラン(12.1%)、ケージの中や周辺(7.5%)、椅子・ソファやその周辺(6.4%)、寝室(5.9%)の順。

同社では「例えば、ゴミ箱に蓋をする、爪や足の裏の毛を切って滑りにくくするなどの予防策が必要。なるべく目を離さない、あまり興奮させないことなどにも気をつけてほしい」と話している。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード