日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |相次ぎ見つかる
FC2ブログ

Entries

広島県呉市内の2カ所の公園で、刃物のようなもので切られたとみられる猫の死骸が1体ずつ見つかった。
同一犯による虐待の可能性もあるとして、呉署が器物損壊や動物愛護法違反の疑いなどで捜査している。

呉署によると寺迫運動公園(和庄)で22日午前10時ごろ、首を切り頭皮をはがされ頭蓋骨のない子猫の死骸を近くの人が発見した。体長約17センチの雌で黒と茶色のまだら模様という。
同公園から南西約370メートルの和庄公園(本町)でも同日午後4時ごろ、近くの住民が頭から前足までの半身だけの死骸を見つけた。公園周辺に後ろ足などの肉片もあった。体長や雄か雌かは不明という。
いずれも首輪はなかった。現場で切断した形跡はなく、別の場所で切られるなどして人か動物が移動させたとみられる。

呉市内では、3月に西惣付町の路上で猫の上半身が、8月には瀬戸見町の公園で別の猫の下半身が見つかるなどしており、同署は関連を調べている。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード