日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |脳に神経変化
FC2ブログ

Entries

ヒト特有の病気とされるアルツハイマー病とよく似た脳内の変化が、長崎県・対馬だけに生息する国の天然記念物、ツシマヤマネコでも起きることが、東京大などの研究で分かった。
2008年には動物園で死んだチーター2頭でも同様の変化が見つかっているが、イヌやサルからは見つかっていない。
研究グループは「ネコ科は特殊な病気の進化をたどった可能性があり、家猫でも調べたい」と話している。

    201210014.jpg ツシマヤマネコ

認知症の原因となるアルツハイマー病は、アミロイドという物質が脳に蓄積することで脳内に「老人斑」と「神経原線維変化」という二つの変化が表れる。
研究グループは、死んだツシマヤマネコ14頭(生後3日~15歳以上)の脳を調査。6頭にアミロイド蓄積があり、うち5頭に神経原線維変化が見られた。一方で、老人斑は見つからなかった。
論文は、3日付の米科学誌プロスワンに掲載された。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード