日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |ネズミ捕りで助太刀?
FC2ブログ

Entries

「正真正銘の男か、それとも単なるネズミか」という厳しい問いをぶつけられた英国のデービッド・キャメロン首相に思わぬ助っ人が現れた。
ロンドンのダウニング街10番地の首相官邸で飼われている5歳の雄ネコ「ラリー」だ。

       201208068.jpg

狩りに消極的なことで知られるラリーは28日の朝、珍しくネズミを1匹捕らえた。
奇しくもこの数時間前には、保守党のティム・ヨー下院議員が英紙デーリー・テレグラフに寄稿したコラムの中で、キャメロン首相にヒースロー空港第3滑走路の建設計画の承認という政治的に議論が沸騰する決断を下せるのかと疑問視していた。
「首相は、『自分は男か、それともネズミか』と自らに問う必要がある」(ヨー議員)

キャメロン首相は休暇中だったが、首相官邸の報道官は記者らに対し「ダウニング街にいる死んだネズミは、今朝ラリーが捕まえた1匹だけです」と述べた。
ラリーが前年2月にバタシー地区の犬猫保護施設から引き取られて首相官邸のネズミ退治を任されて以来ラリーの写真を頻繁に掲載してきた英メディア各社は、ラリーの手柄を即座に報じた。

だがラリーがネズミを捕まえたり殺したりしたのは今回が初めてではないという。首相官邸の報道官はAFPに「これまでにも何度かあった」と話している。


帰宅後2時間で1日2~5万稼いだ
楽々稼げる 快適デイトレ術
マナブ式FX完全マスタープログラム




関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード