日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |引き取り手の増加願う
FC2ブログ

Entries

京都市西京区の京都府動物愛護管理センターに、引き取り手を待つ子猫を一時飼育するための猫舎が新たに完成した。
専用の施設によって従来の2倍の猫を飼育できるようにして、引き取り手を増やしていく。

       201204003.jpg

センターでは飼い主が飼育困難を理由に保健所(京都市内以外)に持ち込んだ猫などを引き取るが、すぐに殺処分している。ただ生後2~3カ月の子猫は引き受ける人もいるため、一部は飼育しながらホームページに写真入りで紹介するなどして府内の希望者に無償で譲渡している。
こうした子猫はこれまでセンターの事務所内に設けたケージで飼育していたが、スペースの関係で一度に最大10匹しか飼育できなかった。最近は犬の持ち込み数が減っているため2008年度から猫の譲渡に力を入れており、一時飼育の数を増やすことにした。
昨年7月から約600万円かけ新築した猫舎は木造平屋建て約15平方メートル。エアコンや換気扇を備え24匹を飼育できる。
2011年度の譲渡数は昨年12月末時点で78匹だが、2012年度は倍増の160匹を目標にしている。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード