日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |42匹保護
FC2ブログ

Entries

東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと警戒区域に取り残されているペットだった犬や猫について、環境省と福島県が今月1日から5日間にわたって保護を進めた結果、合わせて42匹が保護された。

     201203016.jpg

環境省と福島県は南相馬市と浪江町の警戒区域で、今月1日から籠に餌をつけた仕掛けを120台設置し保護を進めた結果、5日までに犬5匹と猫37匹を保護した。
いずれも放射線が基準値を超えていないことや感染症にかかっていないことが確認されていて、健康状態は比較的よいという。
福島県が管理する2つの施設では、原発事故のあと警戒区域やその周辺で保護された266匹が飼育されており、このうち6割は元の飼い主が分かっているが避難先で飼うのが難しいことなどから引き取られていないという。
環境省などは、警戒区域内の4つの町で今月中にさらに10日間、保護活動を行うことにしている。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード