日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |校庭暮らしの猫
FC2ブログ

Entries

神奈川県三浦市の市立初声小学校に植えられている桜の木に、猫の写真入りの紙がくくり付けられている。
14年以上校舎の隅っこで暮らしていた「やよい」は、在校生に広く知られた猫だった。老衰だったのか、昨年8月7日に眠るように息を引き取った。
風に揺れる1枚の紙が、今も子どもたちに命の尊さを教えている。

       201202099.jpg

やよいは1997年ごろに同校に迷い込んできた。当時は生後半年程度の子猫で「ニャーニャー」と鳴きながら餌をねだり、そのまま敷地内にすみ着いた。
校門近くにある弥生期の赤坂遺跡の出土品を管理する市文化財収蔵庫周辺が縄張りだったことから、「赤坂やよい」と名付けられた。
普段は同収蔵庫で作業をしている発掘調査員や近くの主婦らが交代で餌をやっていたが、休み時間や放課後には缶詰を手に多くの児童が様子を見に来た。

晩年のやよいは腹部に腫瘍ができたり、後ろ足を引きずったりして思うように餌が食べられなくなった。病院通いが続き、夏休み期間中に息を引き取った。
同校の校長は「ハチ公のようにいつも同じ場所から登下校の様子を見ていた。ショックだったが、子どもたちも命の尊さを感じているはず」と話す。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード