日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |猫好きが注目
FC2ブログ

Entries

福井県越前市の曹洞宗「御誕生寺(ごたんじょうじ)」に猫約30匹が住み着き、全国の猫好きから注目されている。
十数年前、住職が境内に捨てられた猫を保護し寺で飼い始めたのが始まり。家で飼えなくなったりケガをした猫が相次いで捨てられ次々と増えた。
修行僧約30人が交代で小屋の掃除や餌やりをし、ワクチン注射や病気の治療、餌などの費用は主に寺が賄っている。

       201201077.jpg

3年前には社務所だったプレハブ小屋を子猫や病気の猫専用の施設「にゃんにゃん堂」に改修し、寄進された猫の石像や「ねこ注意」の看板を境内に設置。
猫が集まる寺としてテレビ番組やインターネットで紹介され、口コミでも評判が広がった。
有名になった寺をさらに広く知ってもらおうと、地区住民が「瑩山(けいざん)会」を結成し、昨年11月からフォトコンテストを開催している。猫のほか、同寺の地蔵をテーマに4月20日まで募集し、入賞者に賞状と賞品を贈る。

同寺は「縁があって来た猫なので、大事に育てたい」と話す一方、「猫の命は小さくないので大切にしてほしい」と呼び掛けている。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード