日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |死者&逮捕者
FC2ブログ

Entries

中華圏の一部では猫を鍋料理にして食べる文化がある。
広東省で昨年末、料理店で猫肉鍋を食べた地元有力者が急死し逮捕者を出す事件が起きた。
猫肉を食べる風習のない台湾でも、体に良いと思い込んだ男が他人の飼い猫を食べて逮捕されたことが今年に入って報じられ「残酷だ」と批判された。

1月4日付の台湾の有力紙・中国時報(電子版)などによると、中南部の嘉義県在住の男が昨年6月、3回にわたって隣県まで出向き、他人の飼い猫計6匹を盗んだ。
この男は、自分が肝臓病を患っていると疑っていたが病院に行く金がなく「『猫肉を食べれば治る』と聞いていた」という。
猫を盗む瞬間を通行人に見つかり逃走したが、車のナンバーを覚えられており6日後に警察に逮捕された。すでに4匹を煮て食べた後だった。男は窃盗罪で懲役100日の判決を受けた。
記事は、漢方医の話として「猫肉は治療上、なんの効果もない」との注釈も付けている。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード