日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |ペット連れのホームレス支援
FC2ブログ

Entries

米国各地でクリスマス休暇に合わせて生活困窮者などに食事を届けるフードバンク活動が活発化する中、米非営利組織(NPO)の「ペット救済フードバンク」は、こうした活動で見過ごされがちなペットと飼い主の支援活動に力を入れている。
同組織はペットの猫や犬を手放さざるを得なくなった飼い主の話に心を痛め、生活が苦しくなっても一緒にいられるように支援したいと2008年に設立された。

ホームレスのための宿泊施設はほとんどがペット禁止。しかし愛犬や愛猫を保護施設に預けて殺処分にされることを恐れ、失業して車の中で暮らしながらもペットを手放さない人がいるという。
動物愛護団体によれば、全米の保護施設で殺処分にされる猫と犬は年間300万~400万匹。「ペットも家族の一員だということが理解されていない」と創設者のアン・キングさんは訴える。

クリスマス前に寄付が増える一般のフードバンクと違い、キングさんのような団体はなかなか目を向けてもらえず、資金集めに苦慮している。
それでもフードバンクを運営する全米500あまりの団体や、食品大手デルモンテなどの企業と連携し、企業や個人からの寄付金を頼りに活動を続けている。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード