日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |毒殺未遂で有罪
FC2ブログ

Entries

米・ワシントンの国立動物園に勤務していた元研究員が、野良猫の餌に毒を入れたとして動物虐待未遂の罪に問われ、執行猶予付きの有罪判決を言い渡された。

被告は、近所の住民が野良猫のために置いた餌にネズミ駆除用の毒を入れたとして、動物虐待未遂の罪で起訴された。餌を置いた住人は、数度にわたって餌に黄色い不審物が付着しているのを見つけ、地元の動物保護団体に相談したという。
動機について検察側は、被告が渡り鳥をつかまえる猫に腹を立てて犯行に及んだと指摘している。
裁判官は14日の量刑言い渡しで、同被告に前歴がないことから執行猶予を認めたうえで、1年間の保護観察処分と120時間の社会奉仕活動を命じ、猫に近付くことは禁止した。

被告は野生生物の生態学および管理学の博士号を持つ専門家。2010年から国立動物園に研究員として勤務していたが、今回の事件で起訴されたことを受け1年あまりでやめたという。
検察によれば、同被告は野良猫を減らす目的で避妊・去勢する活動に対して以前から批判を展開し、野良猫は安楽死させて減らすべきだと主張していたという。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード