日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |ズーラシアでイベント
FC2ブログ

Entries

横浜市旭区のよこはま動物園ズーラシアで19~20日、絶滅危惧種に指定されているツシマヤマネコについて理解を深めるイベント「ツシマヤマネコまつり」が開かれている。

ツシマヤマネコは長崎県の対馬にだけ生息し、国や国際基準で絶滅危惧種に指定されている野生のネコ。同園では3匹が飼育され1匹が公開されている。
大きさは普通のイエネコと同じくらいだが、耳の後ろの白い模様と太くて長い尻尾が特徴。
開発で生息地が奪われ、現在の生息数は80~100匹。保護や種の保存活動が行われており、ズーラシアでは平成14年から繁殖させるためのペアと、8歳の雄の3匹が飼われている。

       201111057.jpg

イベントでは、保護活動を行っている対馬市の職員や、同園の飼育担当者が生態などについて解説。普段は見ることのできない野生の姿の写真展のほか、ツシマヤマネコについて学ぶワークショップやクイズ大会も開かれる。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード