日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |利用増
FC2ブログ

Entries

ペットの犬や猫が保護されたときにすぐに確認されるよう、識別番号を記録したマイクロチップを利用する飼い主が、東日本大震災のあと大幅に増え、マイクロチップを管理する団体では「震災でペットの飼い主が分からないケースが多かったためではないか」と話している。

ペットを管理するマイクロチップは、15桁の番号で飼い主や連絡先などを確認できる。直径2ミリの特殊なガラスで覆われペットの体内に入れて使われる。
データを管理している日本獣医師会などでつくる団体では、平成18年からマイクロチップの新たな登録件数を3か月ごとにまとめているが、東日本大震災の翌月の4月から6月末までの件数は全国で3万9895件に上り、その前の3か月を6500件ほど上回って、これまでで最も多くなった。さらに9月末までの3か月も3万4512件の登録があり、過去2番目に多かった。
団体では「東日本大震災の被災地で、保護されたペットの犬や猫の飼い主が見つからないケースが多かったため、大災害に備えてマイクロチップを利用する飼い主が増えているのではないか」と話している。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード