日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |ねこ館長、人気
FC2ブログ

Entries

わが輩は館長である。名前は「うみ」。
長野県信濃町の一茶記念館に通っている三毛猫・うみは人気者。この夏も、訪れた人たちの足元に寄って出迎えたり一緒に展示物を見て回ったりと仕事に励んだ。

       201109007.jpg

うみは近所で飼われている3歳のメス。2009年春から同い年の兄・空(そら)と一緒に記念館を訪れるようになった。しかし、その夏に空は行方不明となりうみだけが姿を見せるようになった。

毎朝玄関で職員が来るのを待ち、事務室で昼寝したあとは来館者に人なつこくまとわりつく。働きぶりが認められ、昨年4月から「館長」となった。
今では訪れた人が「館長いますか」と問い合わせてくるほど。
記念館によると、信濃町出身の俳人・小林一茶は猫を飼っていたらしく猫を詠んだ俳句が約320句ある。館内では「猫の子がちよいと押へるおち葉哉(かな)」などの句を、うみの写真とともに紹介している。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード