日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |経済危機の余波
FC2ブログ

Entries

金融・経済危機の後遺症で収入が激減し、持ち家から借家への引っ越しを余儀なくされた人がペットを飼うのをあきらめるケースが増えている。
家が傷んだり汚されたりするのを嫌がってペットの飼育を禁じる借家が多いからだ。

英国では動物福祉法(旧動物保護法)でペットに適切なすみかを提供する義務が飼い主に課されている。
借家への引っ越しで犬や猫を飼えなくなった主がペット福祉施設「バタシー犬猫ホーム」を訪れる件数が急増。
昨年は236匹、今年はこれまでに141匹が住宅事情で引き取られた。

同ホームの歴史は古く、1860年に迷い犬や餓死寸前の犬を引き取る施設として設立された。1883年には猫も引き取るようになり、現在はエリザベス女王も後援者の一人。
迷い犬・猫を一時預かるほか、飼い主のいなくなった犬や猫をしつけて新しい飼い主を探すのが主な活動。
昨年、キャメロン首相が誕生して同ホームの猫ラリーが首相官邸の住人になった。
ロンドン南部やケント州など3カ所にセンターがあり、年に犬9千匹と猫3千匹を世話している。

いくつかの公共住宅では居場所がわかるようマイクロチップの体内装着を条件に犬や猫の飼育を認めているが、景気の二番底が懸念される中、ペットの受難は続きそうだ。
関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード