日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |猫バス停
FC2ブログ

Entries

福岡県宮若市観光協会は、地元の言い伝えにちなんだ縁起物「宮若追い出し猫」をイメージしたJR九州バス猫塚公園前停留所の待合所をペンキで塗り直した。
「猫のバス停」として観光客らにも人気があるが、色あせたり、汚れたりしていたことから、約3年ぶりの化粧直しとなった。

       201107074.jpg

宮若追い出し猫の言い伝えは、400年以上前に旧若宮町の寺を荒らす大ネズミを住職の飼い猫と仲間の猫が退治したというもの。猫たちも命を落としたとされ、住職は猫塚をつくって供養したという。
周辺は現在、猫塚公園となっており、バスの停留所名にもなっている。地元観光団体が縁起物の置物などとして売り出している。

待合所はコンクリート製で、高さ5メートル、幅3メートル、奥行き2.5メートル。屋根部分に追い出し猫の顔、壁部分に胴体や手足などを描いている。
この日は観光協会の会員約10人が集まり、はけやローラーで丁寧にペンキを塗った。作業の前には、猫塚公園や猫が埋葬されていると言われる猫塚の草刈りにも汗を流した。



関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード