日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |偶然パチリ
FC2ブログ

Entries

東日本大震災の津波で流され、宮城県南三陸町で行方不明になっていたオス猫・にゃんすけが、飼い主・鈴木さんと、3か月ぶりの再会を果たした。
鈴木さんがボランティアとして協力してきた環境省と日本自然保護協会の里山調査プロジェクトで、哺乳類の調査用赤外線センサーカメラに偶然写ったのが再会のきっかけ。

       201106055.jpg 
       ↑ センサーカメラで撮影された「にゃんすけ」

震災の日、鈴木さんは町外にいて無事だったが、海岸から約250メートルの場所にあった鈴木さんの民宿は基礎を残しすべて流された。
鈴木さんはセンサーカメラも失い5月にカメラを再設置したばかりで、今月6日にフィルムを回収したところ猫が写っていた。
鈴木さんは体の模様から「にゃんすけは生きている」と確信。民宿があった場所から約500メートル離れた仮設住宅近くで今月12日、鈴木さんの母が見つけた。




関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード