日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |警戒区域から保護
FC2ブログ

Entries

環境省は10日、福島第1原発の警戒区域内に残されていた犬114匹、猫53匹の計167匹のペットを8日までに保護したと発表した。
飼い主に返還できたのは犬11匹、猫2匹の計13匹だった。

福島県では引き取り手のないペットを施設に収容しているが、ほぼいっぱいで新たな受け入れ先を設けることを検討している。
県によると、警戒区域内で狂犬病予防法に基づき登録された飼い犬は約5,800匹。猫には登録制度がなく数は把握できていない。
ペットを保護しても元いた場所を離れていて飼い主が判明しなかったり、飼い主が判明しても避難所で生活していて引き取れなかったりするため返還は進んでいない。

ペットの保護は、環境省と福島県が日本獣医師会などの協力で獣医師や専門職員を派遣し、住民の一時帰宅の際などに実施している。




関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード