日刊猫ニチ新聞 ネコのニュースだけの不思議な新聞 |ピンクパンサー
FC2ブログ

Entries

先月中旬、イギリスのコーンウォール・レッドラスにあるコンクリート工場で4匹の子猫が見つかった。

生後1ヶ月と見られるその子猫たちは全身が鮮やかなピンク色だった。工場内をうろついている間に、コンクリートの色づけに使う赤い染料に染まってしまったと見られている。

レスキュー団体により救出された猫たちは染料を取り除くべくすぐさま洗浄された。3匹は大体洗い流すことができたが1匹はもともとが薄い毛色だったためか、全身のピンクを除去することができなかった。

       201106011.jpg

「シャンプーして色は薄くなったけど、もともとの毛色に戻すには、完全に毛が生え変わらないとダメかも。いったい何ヶ月かかるのやら」と団体スタッフはこぼす。
ただ、その子猫は4匹のなかでダントツにかわいいそうで、ピンクの被毛にちなみ「ピンクパンサー」と名づけられ、みんなにかわいがられている。

母猫に飼育放棄されたと見られる子猫たちは衰弱はしていたものの、幸いなことに大きな健康被害は見られないそうで、完全に体調が回復し、もう少したくましく成長するのを待ってから里子に出される予定。

同団体は、ピンクパンサーたちは偶然染まってしまっただけであり毛染めは猫の健康に悪影響を及ぼす可能性があるので、決して故意に染めないでほしいと注意を促してる。





関連記事





0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます


発行部数
人気ブログランキングへ

Appendix

最新の記事

Twitterボタン
20万部突破記念!

読者投書欄

カテゴリー・過去記事

 

RSSフィード